サイト管理人がおすすめするグレードは?

新型セレナの値引き相場をご存知ですか?

 

 

 

「もう少しだけ安くしてくれませんか?」なんてことを言うだけでは押しが足りないです。
正しい交渉術がないと、定価に近い価格で買うはめに・・・・。

 

ポイントをしっかり押さえた値引き交渉方法を覚えて下さい。

 

 

 

セレナメニュー

 

 

 

 

 

 

日産セレナの全グレード

セレナグレード 駆動 車両本体価格
e-POWER X 2WD/4WD 296〜244万円
e-POWER XV 312〜287万円
e-POWER ハイウェイスター 317〜269万円
   
S 2WD/4WD 243〜317万円
X 248〜273万円
G 2WD/4WD 284〜313万円
   
     
   
     
   
NISMO 2WD/4WD 341万円
AUTECH 298〜321万円

 

 

グレード名称に「ハイブリッド」とあるのがハイブリッドモデル、それ以外のグレードがガソリンエンジンモデルです。

 

また、日産のスポーツプランドであるNISMO、オーテックバージョンも設定されています。

 

 

 

 

 

スポーツモデルのNISMOってどう?

 

セレナの場合は、「ニスモ・オーテック」などのスポーツグレードを選ぶこともできます。

グレード名 追加される装備 価格差
ニスモ

・LEDヘッドランプ
・専用のフロントバンパー
・専用デュアルエキゾースト
・18インチアルミ

40万円

 

 

 

 

 

セレナのおすすめグレードは?

 

 

サイト管理人がおすすめするグレード・・・

 

それは、e-power ハイウェイスターVです!!


 

おすすめする理由は?

モーター走行によるスムーズな加速とセレナ用に設定変更されたワンペダルドライブの自然さは大きなメリットで、現在はeパワーを選ぶ価値がとても高い。

 

グレード名にVが入る上級ブレードは標準装備が充実しているだけではなく、プロパイロットやサイド&カーテンエアバッグがこちらからしか選べない点も大きい。

 

ハイウェイスターはデザイン以外にもパワースライドドアにハンズフリー機構が加わってきます。

 

 

 

 

逆におすすめできないグレードもあります

 

それは、S・X・ハイウェイスターです!!


 

おすすめできない理由は?

 

お勧めできない理由を箇条書きにしてみました。

 

  • Sはマイルドハイブリッド仕様ではないこと
  • 両側スライドドアがついていない
  • 超ロングスライド+横スライドがない
  • サードシートスライドがない
  • プロパイロットが設定できない
  • インテリジェントLIも装備できない

 

特に、両側スライドドアとプロパイロットに設定ができないというのは新型セレナの特徴をうまくいかせてないような気がしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ガソリンモデルとハイブリッドモデル どちらがお得?

 

 

まずは金銭面だけではなく、ハイブリッドモデルとガソリンモデルのメリットとデメリットを挙げていきます。

 

 

ハイブリッドモデルのメリット
  • 燃費が良いのでガソリンスタンドへ給油する手間が減る
  • 出足はモーター駆動のためトルクフルでガソリンモデルよりも加速感がある。
  • ガソリンモデルよりも室内が静か。
  • 15万キロ以上走行したらガソリンモデルよりも安くなる
  • 排ガスが少なくて地球環境にも優しい

 

 

 

ガソリンモデルのメリット
  • 5年未満で乗り換える場合はガソリンモデルの方がお得
  • シンプルにハイブリッドモデルよりも安い車体価格

 

 

 

 

セレナ価格
モデル JCモード燃費 車体価格
ガソリンモデル「G」

16.4km

284万円

ハイブリッドモデル「e-power X」

26.9km

296万円

 

 

同クラス・同グレードレベルのハイブリッドモデルとガソリンモデルの価格差は約12万円です。

 

ただ、ハイブリッドモデルにはエコカー減税の恩恵が大きいので、実際の価格差は約5万円まで縮まります。

 

また、将来は乗りつぶさずに乗り換えるというユーザーは、途中で売却するわけですが、ガソリンモデルよりもe-powerモデルの方がリセールバリューが高い点も知っておいて下さい。

 

以上のことを考慮すると実際の差額はほとんどないということになります。

 

燃費的にはあたりまえですが、ハイブリッドモデルの方が優秀です。

 

 

 

1キロ走行した時の燃料費
  • ガソリンモデル 10.7円
  • ハイブリッドモデル:7.1円

 

 

10万キロ走行時の燃料費

 

ガソリンモデル:107万円
HVモデル:71万円

 

差額:36万円

 

よって、燃料費で十分に元をとることができます。

 

 

 

 

結論

 

短期間で乗り換える予定の方はガソリンモデルがお得。

 

長く乗る予定方はハイブリッドモデルの方がお得。


 

 

セレナをさらに安く購入する方法

 

新車よりも安く購入できるのが、エクストレルの新古車(未使用車)です。

 

 

走行距離

 

新古車のオドメーターを見てみると、10km未満のクルマが多いです。

 

ディーラーの車庫内で移動させている必要があるので、0kmの新古車はありません。

 

 

 

メーカー保証

 

新車のセレナには3年間のメーカー保証がありますが、新古車のセレナにも日産ディーラーに持ち込むと新車と同様の3年間のメーカー保証を受けられます。

 

 

 

 

新古車のメリットは車両本体の価格で、じっくり探せば定価よりも50万円程度安いタマも!!

 

セレナの新車の値引き相場は30万円前後なので、価格が最優先のユーザーは初めから新古車を探してみるのも一方です。

 

 

ズバット車販売

 

新古車・未使用車を探すなら「ズバット車販売」というサイトが便利です。

 

 

 

その他の要望のところに「新古車」「総予算」などの希望条件を書けばOKです。 あとは、「ズバット車販売側」が、ユーザーの希望に沿ったセレナを紹介してくれます。

 

 

ズバット車販売 公式サイトはこちら

 

http://www.zba.jp/car-hanbai/